上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.06 微かな灯りで
絶望が人の足を止める?。

いやいや、絶望じゃないと思うな。

諦めが、足を止めるんだぉ。
絶望的でも諦めなきゃおK。

どうにも為らない事態を
悲観的に絶望視 する前に
たとえ小さく 微かな灯りでも

足元だけは照らせ。


遠くまで見通せなくても、良いのさそんな時は。

不安な状態に在る場合
どうしても人は安心を求めて
目の前の路より、はるか遠くの路まで安全を気にしてしまう。

安全な路なのかどうか
確信が持てるまで、立ち尽くしているだろう。

確かめるのは足元だけていい。

どんなときも諦めずに
足を止めずに一歩づつでも前に進むためには
目前に在る路を
足元を見失ってはいけない。

微かな灯りでも、転ばないように歩けるだろう?


遥か遠くに見える出口へ辿り着くには
前に進むしかねーよ。

見通せない遠くばっか見て
転んでたら意味ないだろ?
歩くのが嫌になるだろう?

微かな灯りも出口も何もみえなかったらどうする?って?



俺がその手を引いてやんよ



先は長いんだぜ


一緒にいこうか…
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sherajinrai.blog102.fc2.com/tb.php/55-3f732cfc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。